ホームテクノサービスのスタッフによるブログです。WEBデザイン全般、IT関連、業務関連情報など。

  • 〒824-0001
  • 福岡県行橋市行事5-3-20
  • TEL:0930-26-6050

投稿の種類に応じたclass名を出力する関数「post_class」:WordPress関数まとめ



投稿の種類に応じたclass名を出力する関数「post_class」:WordPress関数まとめ

WordPressの関数を少しずつまとめていきます。
今回は、投稿の種類に応じたclass名を出力する関数「post_class」です。

~ 目次 ~

  1. 基本的な使い方
  2. post_class()関数の応用:class名を追加
  3. post_class()関数の応用:「投稿ID」の指定

基本的な使い方

投稿を出力する際に、投稿に応じたclass名を出力する関数です。

基本的にWordPressループ内で使われることが多いです。

パラメータ
(1)追加class名、(2)投稿ID
戻り値
無し
利用箇所
投稿IDを指定しない場合はWordPressループ内、指定すればどこでも利用可能

通常はパラメータを指定せずに以下のような使い方をします。

<div <?php post_class(); ?>> ~ </div>

出力されるclass名は「post post-(投稿ID)」「post 」「type-post」「hentry」「category-カテゴリーのスラッグ」「tag-タグのスラッグ」など。


また、投稿やページの状態などに応じて出力されるclass名もあります。

公開状態 status-publish
パスワードで保護されている post-password-required
アイキャッチ画像付き has-post-thumbnail
先頭に固定表示 sticky
添付ファイル attachment post-(投稿 ID)

post_class()関数の応用:class名を追加

独自のclass名を追加したい場合は、そのclass名をパラメータで指定します。




class名「clearfix」を追加する

<?php post_class( 'clearfix' ); ?>


post_class()関数の応用:「投稿ID」の指定

ループの外や独自のループの中で投稿を表示する場合、2番目のパラメータとして「投稿ID」を指定することで、その投稿に基づいたクラスが出力されます。




指定する投稿IDが「50」の場合

<?php post_class( '', 'p=50' ); ?>