スタッフによるブログです。WEBデザイン全般、IT関連、業務関連情報など。

  • 〒800-0222
  • 北九州市小倉南区中曽根4-16-2
  • TEL : 093-967-1128

Google:パンダアップデートとペンギンアップデート



Google:パンダアップデートとペンギンアップデート

Googleは過去2回、大きな検索アルゴリズムの変更を行っています。
これが「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」です。

~ 目次 ~

  1. 検索エンジンは日々進化
  2. パンダアップデート
  3. ペンギンアップデート
  4. 2つのアップデートの違い

検索エンジンは日々進化

Googleの検索結果は、サイトへのアクセスの生殺与奪を握ってます。

検索のアルゴリズムは日々進化しており、過去に通用したSEO対策が通用しなくなることもしばしばです。
これの大きな変更が「パンダアップデート」と「ペンギンアップデート」と呼ばれるものです。

パンダとペンギン、実に可愛らしい動物ですが、これが実施された時には、日本中のSEO業界(特に悪質な人達)は阿鼻叫喚の巷と化しました。

具体的に内容を見ていきましょう。

パンダアップデート

2011年2月に実施されました。
大幅な検索基準の変更で、全検索結果の約12%がガラッと入れ替わりました。

以下のようなページが大幅に順位を下げられました。

  • プログラムによって自動生成された無意味なページ
  • 特定のキーワードやフレーズを多用した悪質な誘導ページ
  • 他者の内容をコピーしたページ

ペンギンアップデート

2012年4月に実施されました。
所謂「ブラックハットSEO」の排除が目的です。

以下のようなページが大幅に順位を下げられました。

  • SEOだけを目的とした自作自演の被リンクがあるページ
  • 無意味なリンク集だけのページ
  • 隠しテキストや隠しリンクがあるページ
  • コンテンツとは無関係のキーワードを詰め込んだページ
  • ディスクリプションにコンテンツとは関係ない内容を記載したページ

2つのアップデートの違い

さて、この2つのアップデート、

  • パンダ:コンテンツの内容が焦点
  • ペンギン:SEOの手法が焦点

これが違いと言えるでしょう。

そして、このアップデートから言えることは、単純に「ズルは通用しないよ」ってことですね。

検索上位に表示されるには、
価値があるコンテンツを作ること。
正しいコードを記述し、サイト構造を最適化すること。
この2つを追求していくことです。